一個前に貼り付けたブラシを早速改変してみた。
function param1()
return "dot_size", 0, 1000, 10
end

local param1 = bs_param1()*0.1

function param2()
return "sanpu", 0, 1000, 10
end

local param2 = bs_param2()
if param2 < 1 then
param2 = 1
end

param2 = param2/100

function param3()
return "kankaku", 0, 100, 50
end

local param3 = bs_param3()
if param3 < 1 then
param3 = 1
end

param3 = param3/10

function main( x, y, p )

local w = bs_width()
if w < 1 then
w = 1
end


if not firstDraw then
local distance = bs_distance( lastDrawX - x, lastDrawY - y )
if distance < param3 then
return 0
end
end

alpha = bs_opaque()*255
r,g,b = bs_fore()

local i
for i = 0,param2*w,1 do
local dx = x + bs_grand( 0, 0.4 ) * w
local dy = y + bs_grand( 0, 0.4 ) * w
bs_ellipse( dx,dy, param1, param1, 0, r,g,b, alpha)
end

lastDrawX = x
lastDrawY = y
firstDraw = false

return 1
end

lastDrawX = 0
lastDrawY = 0
firstDraw = true


↑をbsファイルで保存してもらえれば大丈夫かと。
……大丈夫かな、結構変えちゃったからなんか不具合(?)とかありそうで怖い…orz
とりあえず、自分で試してみたら特に問題なかったから、大丈夫…なはず。

とりあえず、筆圧を設定したときに(筆圧が)弱い所と強い所で差が出てたのをなくしたつもり。

ちなみに、最大値が100じゃなくて、1000なのは一応わざと。
でも散布率?(2つ目の選択肢)は1000も必要ない気がする。
というか、1000まで持っていくと重くなるので注意。

描画間隔(3つめの選択肢)は100の方が濃度が低くて、0の方が高い。
逆数にしようかとも思ったけど、計算少ない方が軽そうな気がしたから(これ1個だけでそんなに差が出るとも思わないけど)削った。

最初の選択肢はドットの大きさ(説明が難しい…。とにかく点)。
単位は0.1px(?)。
10だと直径1px、15だと1.5px(くらい)の点が散布される…はず。
1000まで設定できるから、直径100pxの点まで描画可。
もっとデカイのにしたかったら、

>function param1()
> return "dot_size", 0, 1000, 10
>end

(1行目~3行目あたり)の1000をもっと大きい数字にするか、

>local param1 = bs_param1()*0.1

(5行目あたり)の*0.1を削ればおk(単位が0.1pxじゃなくて普通に1pxになる=1000pxまでおk。その代わり0.1px以下が設定できなくなる)
…でもそんな大きいサイズにする必要があるかどうかは知らね(笑)